公住工務店

トップページへ サイトマップへ ようこそ
家を建てる方へリフォーム工事経過会社情報実例集お問合せ
トップページ > お知らせ > アスベスト被害を口実にした悪質訪問販売に注意

2005年10月27日

目次へ

アスベスト被害を謳いリフォームを迫る訪問販売に注意

アスベストの人体被害を口実にした新手の訪問販売リフォーム会社の苦情が国民生活センターに来はじめています。一般家屋ではアスベストの危険性は非常に低く、慌ててアスベスト撤去工事を行う必要はありません。建物を建てた工務店、ハウスメーカー、建設会社に相談しながら、冷静に慎重に対処しましょう。
国民生活センターへのリンク

私、公住工務店代表取締役の佐々木幹哉は、2005年夏より(社)東京建築士会の建築相談委員をやらせていただくなかで、アスベストに関するご質問を数多くお受けしますが、業界人として大変遺憾に感じております。人体への危険については、誤解もある様ですので、ここで改めてアスベストの危険性を正しく理解した上で、冷静に対処することが悪質訪問販売からの防御策になるかと存じます。

アスベストの危険性とは・・・
<1> 吹付けアスベスト

学校などで発見され問題となっているアスベストにセメントなどを混ぜて鉄骨や壁面に吹き付けた「吹きつけアスベスト」です。飛散性が高く、健康への害が懸念されています。1990年以降はアスベストが使われなくなっているのですが、専門家でもアスベストかどうかの判断がつかない為、必ず各都道府県相談窓口へ調査を依頼してください。吹付けアスベストであると確認された場合は、除去・封じ込め・囲い込みのいづれかの処理を選択し万全な体制での工事が要求されます。

<2> アスベスト入りの建材
主に一般家屋の床や壁、天井、屋根瓦に使われているアスベスト入りの建材は、壊さない限り飛散しませんから、室内にアスベスト入りの建材が使われていても健康への害はないと考えられています。家を建てたときの図面や工務店、または建材メーカーのHPなどで確認することができます。リフォームなどの計画がある場合は、予め調べてから行ってください。
弊社のアスベスト対応
現在、弊社の建築物には一切アスベストは使用しておりません。
昨年までの主なアスベスト使用状況は下記の通りです。弊社のお客様の資料は長年に渡り保管しております。日曜大工やリフォームで壁などをいじる場合は事前にご相談ください。
(1)屋根材 カラーベストコロニアル(クボタ)  ・・・2001年12月から無石綿
(2)外装材 サイディング(クボタ)  ・・・1995年7月から無石綿
(3)外装材 サイディング(松下電工)  ・・・2000年4月から無石綿
(4)外装材 サイディング(ニチハ)  ・・・2004年10月から無石綿
(5)外装材 アスロックN(ノザワ) ・・・無石綿
(6)外装材 ALCへーベル(旭化成) ・・・無石綿
(7)内装材 珪酸カルシウム板、石膏ボード ・・・無石綿
(8)鉄骨耐火被覆材 サーモテックス吹付け(ナイガイ) ・・・無石綿
(9)鉄骨耐火被覆材 成形板 珪酸カルシウム(ニチアス) ・・・無石綿
・関連記事
環境省環境局大気環境課 http://www.env.go.jp/air/asbestos/index.html
  →次のお知らせへ
↑このページ先頭へ
家を建てる方へリフォーム工事経過会社情報実例集| お問合せサイトマップメールプライバシーポリシー
Copyright (C) 2005-2009 Koujyu Koumuten Co., Ltd. All rights reserved