公住工務店

トップページへ サイトマップへ ようこそ
家を建てる方へリフォーム工事経過会社情報実例集お問合せ
 トップページ >  FP「100年健康住宅」
 
FP100年健康住宅とは

■健康で100年の高耐久を目指した住まい

FP「100年健康住宅」は、キュービックフレームに厚さ105mmのウレタン断熱材を充填したパネルを

食い合わせ、ペアガラス、アルミ樹脂複合サッシを用いた、冬暖かく、夏涼しい家、結露のない

高気密・高断熱・高耐久住宅です。

これを木造在来軸組工法と一般規格建材の活用により高性能と低価格を実現しました。

■高性能で省エネルギー、人も地球も健康に

自在な内部空間、吹き抜けやフリースペースを設けることもできる設計。

住宅の平面が正方形であるため、様々な屋根の形状づくりができ、街並みに変化を与えます。

さらに、建材も自然に還るモイスや土佐和紙など健康建材を用いて健康と環境に配慮した住宅づくり

を考えます。

■新しい街「むさしのiタウン」で生まれた住まい

2006年、「21世紀のふるさとにふさわしい街づくり」東京都東村山市本町地区プロジェクト

が発足し、新しい街 「むさしのiタウン・四季の街」 の住宅建築工法の一つとして 

FP『100年健康住宅』工法が選ばれ、第一期〜第四期の販売にて

東京都HPへ全25棟を即日完売致しました。

 

東京工務店のサイトへたくさんのご応募に心より感謝すると同時に、

抽選に当たらなかった方々には申し訳なく思っております。

今後も公住工務店は、「FP100年健康住宅」仕様の家を

ご希望に応じて造っていきます。

FP「百年健康住宅」仕様
百年健康住宅概要
■高断熱・高気密の住まい 〜FP工法〜

「FPの家」HPへ高断熱高気密のウレタン断熱パネルを用いることにより、
全館がほぼ同じ温度になり、お年寄りや赤ちゃんにもやさしい環境になります。
さらにCO2削減効果が高く、経済性に優れ、人と地球に優しい住まいです。

 

■PBPキュービック工法

PBキュービックフレームに枠付断熱パネル(FP工法)と木造在来軸組工法を用いることにより、

汎用性の高い一般の規格建材が利用できるため、ローコストかつ高性能が実現しました。

また、将来の家族構成・暮らしに合わせたフレシブルな間取りがとれるのも特徴です。

■オール電化

IHクリーンで安心な「IHクッキングヒーター」、
エコロジー&エコノミーな給湯システム「エコキュート」で、
家族の健康・安全はもちろん、地球環境にも配慮がされています。

 

■シックハウス対策

環境共生建築素材「モイス」は調湿機能に優れた呼吸する内装材です。

あらゆる有害物質を出さず、他の建材やインテリアから発生する有害物質(ホルムアルデヒド)を

吸着・分解し、住まいの高気密・高断熱を保ったまま室内の空気をきれいにします。

FP「100年健康住宅」説明・見学会

説明・見学をご希望の方は…

yy@e-koujyu.co.jpまでメールください。

お問い合わせページから入力いただいても結構です。

↑このページ先頭へ
家を建てる方へリフォーム工事経過会社情報実例集| お問合せサイトマップメールプライバシーポリシー
Copyright (C) 2005-2008 Koujyu Koumuten Co., Ltd. All rights reserved